ゴム・プラスチック成形業界向けノズルヒーター&温度センサー・表面温度計・ ケミカルスプレー製品の、総合販売専門店

ゴム成形機用・プラスチック成形機用ノズルヒーターと温度センサーの専門店 空き缶圧縮機(空き缶つぶし)CG-380 新規取扱いを開始
世界最安のゴム成形機用・プラスチック成形機用ノズルヒーターと温度センサーの専門店 コストダウンに強い味方

はじめてのお客様へ

  • ショッピングガイド
  • 送料・お支払いについて

製品カテゴリ

ノズルヒーター仕様比較表

製品の特色・取扱説明書

製品レポート(検査結果)

規格外商品

インフォメーション

会社紹介

リンク

 

スーパーデルタヒーター600 【輸入直販の射出成形機用格安ノズルヒーター】


製品の特色

① 樹脂洩れ・樹脂かぶりに強い

樹脂洩れや樹脂かぶりした場合でも、非発熱部の細管シースを長く取る事により、電気的短絡が起きやすいスリーブ部( リード線とコールドシース部を接続して有る所 )のトラブルを完全に回避した作りと成っています。


② 被加熱物常用600℃まで加熱可能

製品レポート( 評価試験の結果 )に掲載しておりますが、高性能,高品質,尚且つフラット型ノズルヒーターとしては破格な価格で、お客様にご提供する事が可能となりました。
※ エンプラはもとより、スーパーエンプラの成形には、欠かす事のできないヒーターです。


③ ロングノズルに対応した完全密閉型

金型のノズルタッチ面がロケートリング面よりかなり奥に入っていても、ロングコールドシース管仕様の為、ノズル先端部を確実に加熱する事が可能です。
※ 非発熱部( コールド部 )の長さは十二分に確保してありますので、干渉部の所でご自由に曲げてご使用可能です。


④ 抜群の耐熱性&耐腐食性&長寿命

ヒーター本体やロングコールドシース管など、主要部品は全て、耐熱&耐腐食性が高いSUS316Lを採用しております。安心してご使用ください。


⑤ リード線延長加工の必要なし

リード線の長さは、市場に出回っている射出成形機の必要長を十二分に満足しうる長さに設定してあります。
市販のヒーターのように、リード線を延長加工する煩わしさがありません。
  ヒーター内径 φ40以下は、リード線長              2m
  ヒーター内径 φ45以上φ60以下は、リード線長  3m
  ヒーター内径 φ65は、リード線長                3.5m


取扱説明書

Delta Parts スーパーデルタヒーター600

この度は、弊社のノズルヒーターをご検討頂きまして誠にありがとうございます。
ご使用前に、この取扱説明書をよくお読みいただき正しくお使い下さい。

Ⅰ  取り付ける前に

① 開梱と同時に、製品の点検をして下さい。
② 正しい電源、電圧で使用する。

定格電圧以上の電圧をかけないで下さい。
警告!  火災・感電の原因になります。

③? 高湿度並びに揮発性ガス雰囲気中で使用しないで下さい。

警告!   湿度80%以上の雰囲気中では、感電・漏電の原因になります。
警告!   揮発性ガス雰囲気中で使用しないで下さい。爆発・火災の原因になります。

Ⅱ  取り付ける際に

① ヒーターを交換する場合は、電源を切って常温になってから行って下さい。
② 交換後、すぐに可燃物の上にヒーターを置かないで下さい。

注意!  火災の原因になります。

③ ヒーターの発熱部は、素手で持たないで下さい。

注意!  やけどの原因になります。

④ お客様にはお手数ですが、ヒーター本体とジャケット単体のノズルへの取り付けは、個々にお願いします。

スーパーデルタヒーター600シリーズは、ロングノズルのご使用を想定して製作した商品です。ヒーター本体と金型タッチ面の周辺物( ロケートリングや逃げ穴など )との干渉を防止する為に、ヒーター本体を締め付けるジャケット( カバー )の締め付けボルトの長さも、必要最小限に短くしてあります。その為に、ジャケット単体は、ノズル先端より一方向から差し込んで取り付ける事が出来ません。( ジャケット両側にもヒーター本体が動かないように、固定用の爪を出してあります。 )

Ⅲ  保守・点検

① ヒーターを保管する際は、湿度の高い場所、屋外では絶縁抵抗が低下することがあります。常温・常湿雰囲気で密封容器に入れて保存して下さい。

注意!  長期間未使用で大気中にさらされていると、感電・漏電の原因になります。

② ヒーター本体の分解・修理は行なわないで下さい。

注意!  スーパーデルタヒーター600は、完全密閉式に成っていますので、後から手を加えた品物は、樹脂がヒーター内部に侵入します。 その後、炭化する事で感電・漏電の原因になります。

ページの先頭へ  
トップページへは、下記の トップページ をクリック