ゴム・プラスチック成形業界向けノズルヒーター&温度センサー・表面温度計・ ケミカルスプレー製品の、総合販売専門店

ゴム成形機用・プラスチック成形機用ノズルヒーターと温度センサーの専門店 空き缶圧縮機(空き缶つぶし)CG-380 新規取扱いを開始
世界最安のゴム成形機用・プラスチック成形機用ノズルヒーターと温度センサーの専門店 コストダウンに強い味方

はじめてのお客様へ

  • ショッピングガイド
  • 送料・お支払いについて

製品カテゴリ

ノズルヒーター仕様比較表

製品の特色・取扱説明書

製品レポート(検査結果)

規格外商品

インフォメーション

会社紹介

リンク

 

スーパーデルタヒーター600【 輸入直販の射出成形機用格安ノズルヒーター 】


スーパーデルタヒーター【 輸入直販のゴム成形機用・プラスチック成形機用格安ノズルヒーター 】

驚愕の特別価格!フラット型ノズルヒーター \9,980~( 税別 )

< ノズルヒーター(海外生産品)の評価試験について >

当該ヒーターは、射出成形機のノズル加熱用に開発された高密閉式ロングコールドシース管仕様のノズルヒーターです。

正式名称は、フラット型角コイルノズルヒーター( ジャケット付 )と言います。

本製品の開発におきまして、製品性能及び耐久性を確認評価するに至り、下記の試験を行い、性能並びに使用上の問題無きことを確認致しました。


内容  Ⅰ

空焼き試験( 連続通電合計100時間内3時間AC240V印加 )

試験用ステンレスケースの中に当該試験物を垂直方向に設置安定させ、定格電圧通電100時間実施 12時間放置後の電気特性検査内容の試験前、試験後の測定値比較を実施。

試験環境( 気温21℃~25℃ 湿度50%~61% )

最高温度 717℃


結果  Ⅰ

①.常温抵抗値=±10%以内合格
②.絶縁抵抗値=DC500Vメガー 100MΩ以上合格
③.絶縁抵抗値=DC1000Vメガー 100MΩ以上合格
④.耐電圧=1500V/sec合格

内容  Ⅱ

ON-OFFサイクルテスト

定格電圧にて15分通電-10分非通電を1サイクルとし、30サイクル実施する。

試験環境( 気温22℃~27℃ 湿度49%~59% )

最高温度 709℃


結果  Ⅱ

①.常温抵抗値=±10%以内合格
②.絶縁抵抗値=DC500Vメガー 100MΩ以上合格
③.絶縁抵抗値=DC1000Vメガー 100MΩ以上合格
④.耐電圧=1500V/sec合格

内容  Ⅲ

固定カバーを外し、ヒーターエレメント単体にて連続通電20時間テストを実施する。

過電圧=AC240V

試験環境( 気温23.6℃~27.4℃ 湿度53%~61% )


結果  Ⅲ

①.常温抵抗値=±10%以内合格
②.絶縁抵抗値=DC500Vメガー 100MΩ以上合格
③.絶縁抵抗値=DC1000Vメガー 100MΩ以上合格
④.耐電圧=1000V/sec合格
⑤.耐電圧=1500V/sec合格
⑥.熱変形=目視、測定合格

内容  Ⅳ

その他特殊試験実施( -30℃下通電試験、急速急冷試験、塩水試験等々)


結果  Ⅳ

異常なし



追加事項( 本製品の使用環境温度条件は、-10℃~+40℃とする。 )

尚、その範囲から外れる使用条件の場合は、弊社までお問い合わせ下さい。




作成者  技術提携貿易会社:SHANGHAI TONNA PLASTIC&MOULD TECHNOLOGY CO.,LTD.

名古屋OFFICE  山口 充

商品開発スタッフよりお客様へ

今回発売しました『 スーパーデルタヒーター600 』は、その名前が示す通り、被加熱物常用600℃まで加熱可能なノズルヒーターになります。


このヒーターの特長として、まず第①に高密閉な角コイル部での高温度発熱( 被加熱物常用600℃ )が可能な事です。第②にリード線を束ねたスリーブ部の耐熱温度を劣化対策の為320℃ としました。第③に樹脂洩れ、樹脂かぶりした場合でも非発熱部の細管シースを長く取る事により、電気的短絡が起きやすいスリーブ部のトラブルを完全に回避した仕様にした事にあります。


弊社が、技術指導並びに生産委託の契約を締結しています海外メーカーも、フラットコイルタイプのノズルヒーターを生産した実績が有りましたが、今回弊社が要求したロングコールドシース管付きの仕様には、まったくと言って実績が有りませんでした。今回の発売品も、現地での弊社提携技術アドバイザーと現地メーカースタッフの長期にわたる努力と工夫の結果として発売に至った事をご報告致します。


お客様におかれましては、この高性能、そして高品質なヒーターを、お仕事の上で思う存分ご活用頂ければ幸いです。


新時代を拓く私たちのフロンティア・スピリッツに、今後もご期待下さい。

ページの先頭へ  
トップページへは、下記の トップページ をクリック